Tonari Gumi Corner

Merry Christmas from Tonari Gumi! As explained below, Santa Claus has already been very good to Tonari Gumi and we are very grateful for all the support that we have and continue to receive from throughout the Japanese Canadian community. The members, volunteers and staff of Tonari Gumi want to extend a very sincere Merry Christmas and a Happy New Year to all our generous friends and supporters.

A New Partnership for Tonari Gumi: On November 2, 2018 Tonari Gumi was awarded a $10,000 community partnership award from our bank, the Vancouver City Savings Credit Union, or Vancity. The award was officially presented to us by Samantha Beaulieu, Assistant Branch Manager at the Oakridge Community Branch and Emi Yumura, Account Manager, at the same Branch. The award recognizes Tonari Gumi’s work in improving the lives of seniors within the Japanese Canadian community and will help us to improve Tonari Gumi’s capacity to help more seniors in a more effective manner. The funds will give us the flexibility to provide additional training to our staff and to our key volunteers, so they will have the skills and tools necessary to meet the changing needs of the seniors in our community. Vancity will be including information on Tonari Gumi on the slide shows that are displayed in many of their branches in Vancouver and will also feature copies of our cookbooks on the counters of some branches. We’re extremely pleased that Vancity would want to assist Tonari Gumi in our efforts to help seniors and the most vulnerable in our community. We are looking forward to this being just the first of many projects that we will be able to partner with Vancity to reach out to those in need in the years to come.

CHEQUE PRESENTATION PHOTO

2018 Tonari Gumi Fall Bazaar a Positive Success!! Thanks to the hard work of our many volunteers and TG staff, this year’s Fall Bazaar on November 3rd was the most successful in many years. Delicious manju, salted salmon, cakes & cookies, hot and tasty tako-yaki and many other goodies were quickly purchased by our many faithful customers. However, other items such as used kimonos, rummage items and lots of fresh matsutake were treats that contributed to our overall sales. Another new item for this year was our newest publication, “Our Edible Roots: A Japanese Canadian Kitchen Garden”, which has attracted a lot of attention as a much-needed contribution to raising, foraging and cooking Japanese vegetables in Canada. Look for our new publication at the Nikkei Place bookstore in Burnaby, on the West Coast Seeds website, at Nakagama’s Japanese Food Store in Lethbridge, Alberta, at Jennifer Hashimoto’s Nikkei Books in Eastern Canada, and at our website www.tonarigumi.ca.

SOME FALL BAZAAR PHOTOS

Year-end Donation Appeal: Hopefully, the Post Office’s work to rule will not prevent our year-end donation appeal letters from reaching your mailbox. This year, we are looking for your help in helping our Lighthouse Programs to continue to help our frail and vulnerable seniors, and for

our TG Cruiser (Tonari Gumi’s new Mini-Van) to help carry our seniors and volunteers throughout the Lower Mainland to enjoy outings and to take our programs and services to where they are needed. Please be generous in your responses. Many thanks for all your help!

隣組コーナー

隣組からメリークリスマス!というのも、今年は親切なサンタクロースが隣組にすでに支援の贈り物をもってきてくれたからです。隣組は日系カナダ人コミュニティ全体から絶え間ないご支援をいただいており、そのすべてに心から感謝しております。寛大なご友人、ご支援者の皆様が楽しいクリスマスと新年を迎えられますよう、隣組のメンバー、ボランティア、スタッフ一同、謹んでお祈り申し上げます。

隣組の新パートナーシップ: 2018年11月2日、隣組の取引銀行であるVancouver City Savings Credit Union、通称バンシティ(Vancity)から、コミュニティ・パートナーシップ・プログラムの助成金として10,000ドルが授与されました。贈与は、オークリッジコミュニティ支店副支店長であるSamantha Beaulieu氏および同支店アカウントマネージャーのEmi Yumura氏により正式に行われました。この助成金は、日系カナダ人コミュニティにおけるシニアの生活の質を高める隣組の取り組みを評価するものであり、今後より多くのシニアへ支援活動が届くための運営力向上と効率性を高める活動に利用させていただきます。またこの助成金おかげで、今後の活動にも柔軟性が増すとともに、隣組スタッフと第一線で活動するボランティアに、コミュニティにおけるシニアの変わりゆくニーズに応えるために必要な技能や手段を学ぶ機会を提供することが可能になりました。バンシティでは多くの支店で流れるスライドショーに隣組の情報が掲載され、また一部の支店では隣組の料理本がカウンターに何冊か置かれることになりました。コミュニティ内のシニアそして最も社会的立場の弱い人々を支援する隣組の取り組みをバンシティが援助してくださることを非常に嬉しく思います。これをきっかけとして、今後も助けを必要とする人々を支援していくために多くのプロジェクトでバンシティと提携できることを期待します。

(小切手贈呈の写真)

2018年 隣組・秋のバザー大成功!!ボランティアの皆様と隣組スタッフの懸命な働きのおかげで、今年11月3日に行われた秋のバザーは過去最高の成功を収めることができました。隣組に信頼を寄せる沢山のお客様が、美味しいお饅頭、塩鮭、ケーキにクッキー、熱々で旨味のあるたこ焼きなど様々な商品をまたたく間にご購入されましたが、その中でも隣組の総売上に大きく貢献したのは、中古着物や掘出し物、そして大量の新鮮な松茸といったその他の商品でした。そして今年のもう1つの新商品は、カナダにおける日本野菜の栽培、収穫、調理に貢献する待望の書籍として大きな注目を集めている隣組の最新出版物「私たちの食材ルーツ:日系カナダ人のキッチンガーデン」です。この新出版物は日系プレースの書店(バーナビー)、West Coast Seedsのウェブサイト、中釜日本食品店(アルバータ州レスブリッジ)、Jennifer Hashimoto氏のNikkei Books(カナダ東部)、また隣組ウェブサイトwww.tonarigumi.caでもお求めいただけます。

(秋のバザーの写真数点)

年末のご寄付のお願い:郵便局の順法闘争のせいで年末のご寄付の嘆願書が皆様の郵便受けに届かない、ということがなければいいのですが。今年皆様にご支援をお願いしたいのは、か弱く社会的立場の弱いシニアを支援する「ライトハウスプログラム」の継続のためと、隣組シニアとボランティアが外出を楽しんだり、隣組のプログラムやサービスが必要とされる場所に出向いたりできるよう、ローワーメインランド内の移動に使用するTGクルーザー(隣組の新しいミニバン)に充てるためです。寛大なご対応をお願い申し上げます。皆様のご支援をお待ちしております!

隣組 本格的に活動開始!

隣組 本格的に活動開始!

隣組理事長 デビッド・岩浅                

隣組理事 マーティン・小早川

David B. Iwaasa

Martin Kobayakawa

 

 

 

 

 

一年程前、隣組が困難に直面しているのではないかとコミュニティ内で心配されていました。スタッフの異動が重なり、また事務局長職を欠いている期間が数ヶ月続いていたのが、その理由のようです。しかし今年6月から隣組は大きな変化を遂げました。

  • 革新的で活発な理事の選出
  • 新隣組事務局長に2名を任命
    • 有馬正子 コミュニティ・サービス・マネジャー
    • 柿沼久美 総務担当マネジャー
  • 隣組ガーデンクラブによる新出版物「私たちの食材ルーツ:日系カナダ人のキッチンガーデン」の発売。26種類の伝統的な日本野菜の育て方や収穫方法、それらの野菜を使った40のレシピ、そして今カナダで栽培されている多くの日本野菜に関する歴史的背景などが掲載されています。
  • リーチアウト」と題し、ローワーメインランド一帯(スティーブストン、サレー、メープルリッジ)に住む日系カナダ人のシニアへ、隣組特有のプログラムや活動を提供するサービスの実施。
  • 世代間のリーチアウト」では、幼児と親御さんを対象とした隣組の活動を再開するとともに、小学生を対象としたワークショップを開催する。
  • 日系カナダ人向け英語による新規プログラム:
    • 日系カナダ人コミュニティの変化に対応するため、隣組では英語による新規プログラムの提供を検討しています。日系カナダ人にとって、隣組が「第二の我が家」になるよう取り組んでいきます。
    • 特に多くの日系3世が定年年齢、またはそれ以上の年齢に達しているということから、隣組の訪問サービスや、多くのプログラムを提供する場所の需要が今後一層増えてきます。長年に渡り隣組を支えるサポーターとして、2世と3世の日系カナダ人は多大な活躍をしてくれました。
    • 新規プログラムとして、お料理教室、日本語会話教室、日系カナダ人の歴史に関するセッションや、アジア系カナダ人クリエイターによる朗読や音楽のセッションなどが可能性として挙げられています。新規プログラムや取り組みに関して2世、3世、そして4世の方々からのアイデアや提案をお待ちしています。小早川マーティンmkobayakawa@shaw.caまたは有馬正子services@tonarigumi.ca宛にアイデアをご送付ください。

新しくなった隣組は、ウェブサイト(www.tonarigumi.ca )よりご覧いただけます。または隣組(42 West 8th Ave.)へ直接ご来館下さい。 皆さんのご意見とご支援をお待ちしております。

2018年度 パウエル祭 2018 Powell Street Festival

今年で42年目となるパウエル祭、バンクーバーの夏祭りとして年々その規模も参加日系グループの数も増えています。
一日目はフードブースが4時前にお饅頭はもちろん、赤シソジュースを含めて、すしに冷やし中華全品売り切れという、うれしいハプニング!
饅頭が大好きというメキシコの方、初めて赤シソジュースを飲んで「おかわり」という方。
何でも試してみるお祭り参加者の気持ちに応えるように、出店している日本食フードブース幅の広さに驚き。
来年もがんばろう、と意気込みも新たにする隣組スタッフとボランティアでした。
コミュニティブースでは、お披露目となるガーデンクラブ出版本「Our Edible Roots – 」と、定番の「」も、好評販売。
毎年、クラフトはもちろん、浴衣や着物にカードやアクセサリーを販売するCraftとNew2Uブースも、土曜日にほとんどの品が売れてしまい。隣組品物の質の高さを知る、買い物上手なリピーターさんを多く見かけました。

今年はパウエル祭に行けなかった!という皆さん、11月3日(土)の隣組バザーでも、おいしいお饅頭各種におばあちゃんの味が楽しめます。
当日は11時オープン、食べ物はもちろん、クラフトに着物と盛りだくさんの内容です。



/***** Google Analytics Code START *****/ /***** Google Analytics Code END *****/